« 2010年5月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月29日 (土)

第2回経過観察脾臓のエコー

1月20日の大学病院での脾臓エコーにて、ムラムラな?ボコボコ(約1cm)発見。

2週間おきにエコー検査をします。

本日は発見(1度目)から2度目のエコーをしました@ホームドクターにて

前回の大学のエコーの画像より、私は分りやすい気がします。分りやすいって???良くないのかな??と思いもしましたが・・・・サイズ的には変わりは無いようです。

器械が違うので写りかたに違いもあるんだと思います。

次回は2/12(土)です。

20110129121851452_0001

| コメント (0)

2011年1月26日 (水)

病理検査結果@花兄貴

1/20の大学にて前足の黒いイボをパンチ生検に出した結果が出た!

結果は 皮膚黒色腫 良性sun

悪いものっぽくは無かったけど・・・ハッキリ良性と聞いてスッキリです。

後は、脾臓のムラムラぼこぼこが何でも無いことを祈るばかり^^この調子なら大丈夫だね~!!と信じてscissors

+++++以下は病理の結果です+++++++

●受付日 2011’1.20
●名称 ○○花
●動物種 犬
●品種 ゴールデンレトリバー
●性別 雄(去勢)
●年齢 9
●体重 43.0
●毛色
●学内担当教員 ○田卓○
●検体部位 右前肢Mass
●採取方法 Biopsy(パンチ)
●材料の状態 新鮮
●採取日 2011’1.20

●病理診断名 右前肢腫瘤:皮膚黒色腫、良性

右前肢腫瘤(パンチ):一部潰瘍化する表皮で覆われた小型の乳頭状腫瘤を含んでいます。
表皮下では軽度に膨大紡錘j形かたら多角形細胞で構成される細胞増殖で拡張しています。
増殖細胞には多数の細胞質内褐色メラニン顆粒を含む豊富な細胞質を有する細胞があります。
細胞質内色素によりしばしば卵円形核は不明瞭です。
増殖細胞は組織検査では切除されています

●報告日 2011’1.24

| コメント (0)

2011年1月20日 (木)

2011.1.20大学病院腫瘍科定期健診

腫瘍科の定期健診♪

病院大好きの花兄貴にとっては楽しい日sunお供にマルも出動しました!

いつもの定期健診

  •  レントゲン
  •  エコー
  •  血液検査

にプラスして、気になっていたイボ1箇所と脂肪のようなシコリ1箇所の針生検査をしました。

脂肪のようなシコリは脂肪みたいでした!

イボ(黒)の方は前回は針で刺せないほど小さかったものが検査できる大きさにまで育っていたため検査しましたが・・・?????メラニンが含まれる黒い組織で、悪性のメラノーマかただの黒いイボかは現時点では分らない・・・

悪性のメラノーマなら、今後どんどん育つし・・・

局所麻酔で少し縫う程度で切除して病理検査も可能とのことなので、本日取ってもらいました。悪性のメラノーマの出やすい部位ではないので大丈夫だと思いますが、取っちゃえば済むので取ってしまいました@病理の結果は2週間後

D1000822

・・・で終わる定期健診だったのですが、脾臓に9.7ミリ程のボコボコしたものが発見されました。

これも今すぐに結論は出ませんが・・・

犬種・年齢などを考えると悪いものである可能性もあるとのことで、この類のものの60%が血腫などの血の塊や良性のものだそうです。

でも残りの40%は、血管肉腫などの悪性度の高いものの可能性もあるそうで・・・

悪いものであるか?ないか?の判断は、どれだけ急速に大きくなるOR広がるかだそうです。

まずは、

2週間後に再度エコーで確認し、少しでも大きくなれば早急に脾臓を摘出します。

消えてしまった場合・・・ラッキ~sun

大きくなったり変化が無い場合は、悪いものである可能性は低いので、経過観察となります。(希望があれば脾臓を摘出)

かなり初期の段階での発見なので大丈夫goodと思って2週間後のエコーに挑みます!

20110121090018914_0001

追伸:シニアの域に突入したら、春の健康診断に是非!エコーも取り入れて見てください

| コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

十兵衛@慢性腎不全 2011.1.5~

きゃぁああ・・・。

全然ブログの更新をしていませんでした。

自分でアクセスしてみてビックリ・・・。はな&まるのゴールデン兄弟は大病もなく(細かい事は多々ありますが^^;)過ごしております。

+++++++

201115_3 我が家の長男の愛猫@十兵衛(十さん)15歳が腎不全にて入院してしまいました。

患った事のない病気に関しては全くの無知で・・・・只今、いろいろ情報収集中です。

慢性腎不全の症状を見ると本当に怖いほど当てはまっています。年齢的なものなのかと病的なものだととらえていませんでした。

言い訳をするなら・・・年に一度ですが、レントゲン&エコー&血液検査をしていたので、大病では無いと思ってました・・・。

軽視した事が悪化の最大原因ですdown

十さんの現状は

 ●尿素窒素(BUN)正常値15~37のところ121.4

 ●腎臓疾患の指標(クレアチニン)正常値0.7~2.28のところ5.6

上記の2点が一番の問題点です。

3日目 1/8(土)まで入院して集中的に輸液治療し数値が半分まで下がれば退院。下がらなければ5日目まで延長。それでも下がらなければ7日目まで延長。

下がらなかった場合のその後に治療方法は、まだ未定です。

とにかく数値が下げる事が出来たならば、毎日に皮下点滴に変更されます。

毎日の通院は、大変なので自宅で皮下点滴を行うと思います。それで数値が安定すれば、一日おき2日おき・・・と間隔をあけて行くそうですが、点滴をしなくて良い状態になる事は、あまり期待できないと思います。

皮下点滴と食餌療法でだましだまし・・・でも穏やかな日が続くのなら◎!!ベストだと考えています。

とにかく、今は十さんのパワーで数値を下げてもらう事だけです!!

がんばれ-----!十さん!

++++++++++++++++++++++++++++

十兵衛6日間の入院で退院してまいりました!

≪1/5入院時 ≫
 
 BUN121.4   CRE5.6

≪1/10退院時≫
  
 BUN60.4    CRE2.8

静脈点滴のかいあって^^かなり数値が下がりました。

明日からは、自宅で皮下点滴を1日1回行います。
1リットルのソルラクトが3日分ですので、1日333mlほどです。
1週間後、血液検査で数値の確認をします。

まずは、数値があらず安定してくれることを願って^^

++++++++

自宅で皮下点滴を続けて肝臓の数値は大分下がりました

  
 BUN38.3    CRE2.5 (1/18現在)

なのですが・・・・

元気は益々なくなってますdown

貧血の数値は入院時HCT29%だったものが現在20.8%まで下がってます。

呼吸も荒くなっていて、エコーの結果、胸水がたまっていました。

その胸水で心臓や肺が圧迫されて元気が無かったようです。胸水は200CC抜けました。

胸水のたまる原因で考えられるものは、甲状腺機亢進症や心疾患など・・・甲状腺に関しては、入院時に検査済で異常なし、念のため、また検査しましたが異常なし

翌日も胸水は60cc抜けました。心臓の心電図&エコーの結果、血流がかなり逆流していることが分りました。

1/19~フォルテコール2.5㎎を1日1錠内服開始

これで、胸水のたまるのが落ち着くと良いのでが・・・・・

腎不全の治療としては、ソルラクト注を1日100CC自宅で皮下点滴が続きます。

| コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2011年2月 »